ブログ

Blog

2024/02/19

【グルーミング】シャンプーの品質と洗い方からくる弊害

シャンプーの品質と洗い方からくる弊害

こんにちは。DOGLIFECorinth~13:13~のトレーナーの中島です。
当店は各ご家庭に赴いてそのご家庭に合ったしつけ方をアドバイスしています。1匹1匹の性格傾向と家の環境に合わせてオーダーメイドで作るから飼い主様も納得しやすく、自分たちのペースで進んでいけるサービスを提供しています。しつけは1歳までと言われますがお客様には11歳の子もおり、犬種問わず幅広く受け付けておりますのでご興味のある方はご連絡ください。

今日のテーマは
「シャンプーの品質と洗い方からくる弊害」
です。

以下の方に読んでいただければと思います。
・シャンプー剤が合ってるのかどうかわからない
・シャンプーしてもすぐに汚れがすぐついちゃう
・においがとれない
・シャンプー後必ずこすりつける
・インターネットにあるようにふわふわにならない

〇シャンプーの役割
サロンでシャンプーする人もいれば、家でシャンプーする人もいると思いますが、なぜシャンプーをするのでしょうか。

・被毛の手入れのため
被毛の手入れを怠ると、外の汚れやおしっこ汚れなどから菌が繁殖してしまい、汚らしくなってしまいます。またシングルコート(1つの毛穴に毛が1本)の子はカットをしないと伸び続けてしまったり毛玉が出来ることによって歩きづらくなったり、関節炎になったりします。

・人間の文化的生活のため
やはり汚れたままでは菌が繁殖し、病気になることもあるでしょう。人畜共通感染症を予防するためにもワンちゃんのシャンプーは大切です。2週間に1回と言われてしますが、活動量の多い子は1週間に1回が良いと思います。洗いすぎかなと思う場合は必ずリンスをして肌ダメージを減らしてあげましょう。

シャンプーとは犬のためでもありつつ、私たちのためでもある為、もしご自宅でシャンプーする際はシャンプーの仕方や品質はとても大切になってくると思います。ワンちゃんはシャンプーを選べないのですから私たちが注意して選んであげることが必要なのではないでしょうか。


〇シャンプー後いつも興奮する
シャンプーとはとても大切なことであると分かりましたが、シャンプーした後に興奮してしまう子がいます。それはなぜ起こるのでしょうか。

インターネットなどを見ると色んな説が出てきます。洗ってもらえてうれしいとか、毛を乾かしてるとか、自分のにおいをつけているとか、洗剤が強いとか。どれを信じていいのか分かりませんね。私は正直全部科学的根拠を考えないテキトーな答えだな~だと思っています。私は科学的根拠とその子の表情・心理を見てあげることでその子がどう思っているのかを分析します。

もしも、嬉しい顔してやっているならそれはまだいいとして、同じところをぐるぐる回ったり、突進したり、普段と違う気が狂う様な行動をしているならそれは対処するべきストレスです。それに対して何もしないとか、見てるだけとは私にはできません。以前在英日本人の知人に「風呂上がりの異常行動はどうすればいいのか」と質問されました。あっちでは「放っておきなさい」と言われたそうです。その動画を見るとイングリッシュコッカ―がずーーーっと家の中を走り回ったりソファーにダイブしたりしていました。風呂に入る前はそんな行動はなかったのですから、風呂に必ず何か原因があるわけです。

楽しそうにやっているなら何にも言いませんが、必死な表情でやる彼の顔を見て「放っておく」っていう対処はないだろうと私は思います。私は心理士であるため、ちょっとした犬の表情や態度でプラスに感じているのかマイナスに感じているのかすぐに分かりますが、イギリスとはいえど分からないこともあるんだな~と思わされました。

走り回ったり、こすったりするのは結局何が問題なのか。
恐らく「界面活性剤の品質と洗い方」にあると思われます。

何故そういえるか。それはプールに入ったり雨でぬれるだけでそういう異常行動を出すという話を聞かないからです。もし濡れただけで起きるなら手足が濡れただけでやるのではないでしょうか。土砂降りの雨に打たれてもそのような態度は想像できるでしょうか。
知人のトリマーの店を見たり、他店のサロンの中を見たりしますが、トリミングサロンで走り回っている子も、サロンから家に帰ってきて異常行動をする様な子も聞いたことがありません。異常行動が起きるのはだいたい起きるのは家の中で洗う場合とほぼ特定できるならそれは家シャンプーに何かあると考えられると言えると言って過言ではないと思います。


〇汚れが落ちる仕組み
界面活性剤がどうのこうの言う前に、界面活性剤って何?という話をさせていただきます。
界面活性剤を簡単に言うと「水と油を仲良くさせるもの」だと思ってください。親水基・親油基などのことばもありますが、ここでは割愛させていただきます。とにかく油と水を混ぜるものです。だからマヨネーズにも界面活性剤が入っているんです!(卵の中に含まれるレシチンという物質)また乳化剤と書かれているものがそれにあたります。

なので体の皮脂や油汚れ、その油に着いた汚れは界面活性剤によって水と仲良くなる性質になって流れていくというわけです。シャンプーがなかったら水道代が半端なくなります。シャンプーが無かった時代の人は香油やアロマで対処していました。今は感謝ですね。


〇界面活性剤の品質
界面活性剤といっても下から上までの品質がありそれぞれメリットデメリットがあります。今日ここが最も重要です。

品質の低い界面活性剤のメリットデメリット
 ◎安価
 ◎洗浄力が強い
 ×肌に悪い

品質の高い界面活性剤のメリットデメリット
 ◎肌に優しい
 ×洗浄力が落ちる
 ×高価

以前は犬のシャンプーは品質の低い安い界面活性剤が使われていました(ラウリル硫酸ナトリウム)。今でも安いシャンプーは強い界面活性剤が使われていることがしばしばあります。とはいっても犬の社会的立場が上がってきた昨今は低刺激がほとんどです(ラウレス等)。

界面活性剤が良くなってきたならいいんじゃないの?
と思われがちですが、そもそも化学的につくられた人工的につくられた合成界面活性剤には大きなデメリットがあるのをご存知でしょうか。

深堀していくと少し難しくなりますがそれは分解率と肌残りの問題です。
合成界面活性剤は水に溶けて下水に流れていきますが、微生物が頑張っても成績の良いものでも分解率は8割程度にとどまります。即ち2割は界面活性剤としての役割を残したまま環境下へ放出されていきます。よく河川で泡立っている風景が昔あったと思います。

私は環境の話をしたいのではなく、人体への影響の話をしています。
合成の界面活性剤の品質が良くなってきたとはいえ、完全分解されないということは肌にも2割残ると言うことを考えなくてはいけません。また、微生物に頑張ってもらった上で8割なのですから、すすぎが足りなければ肌に大量の界面活性剤が残っても不思議ではありません。そう、家シャンプーはどうしてもすすぎが弱いのです。

また、合成界面活性剤が残ると肌のバリア機能を低下させます。
セラミドと聞いたことあると思いますが、肌の水分と関わっており水と油で出来ています。強い界面活性剤や合成界面活性剤を使用することで、肌に残った洗剤が皮脂と反応し、乳化し、体内に入り、セラミドの結合バランスが壊れ、肌のバリア機能を失ってしまいます。肌のバリア機能が低下すると敏感肌やオイリー肌になります。お風呂上りに肌が突っ張ったりするのもそうですし、科学的な洋服を着たりするとチクチクするのは何も全てが洋服だけの問題ではないこともあります。

逆に植物由来の界面活性剤は分解率が100%です。
水にぬれた時点で分解が進み1日で分解される性質があります。私も以前はサクセスの様な市販物を使っており、突っ張ったり痒くなる毎日でした。今は私が取り寄せている完全植物由来の犬用シャンプーで体全体を洗っています。(販売もしています) 肌の突っ張りはもちろんの事、肌バランスが壊れる様子もありません。肌はそれだけ敏感ということですね。


〇乾燥肌とオイリー肌
犬の肌はデリケートと言いますが、人間よりも薄い皮膚を持っています。だからこそ被毛で覆われているのです。それを夏だからと言ってサマーカットすると火傷の原因にもなるので注意(別の話ですが)

乾燥肌・オイリー肌は正反対ですが、どちらも実は同じ問題なのです。どちらも皮脂膜がうまく機能せず、セラミドが乱れてしまっていると言えます。乾燥肌はセラミドがうまくできていなかったり、肌のターンオーバーの問題。オイリー肌は肌を乾燥させすぎてしまった結果体の防御反応としてオイルをドバドバ出すのです。シャンプーはアルカリ性で、皮脂は酸性です。アルカリ性で何度も洗うと、肌は酸性にしないとと必死に油を出します。体質的に油を出せない人は乾燥肌になり、油を出せる人はオイリー肌になるのです。どちらも体の防御反応なのです。

肌トラブルを解決するには、ビタミンB群をとると言う食べ物でのアプローチももちろんありますが、界面活性剤や洗い方の対処も当然あるのです。多くの人はそこを軽視する傾向がありますが大切な考えです。また犬は選べないのですから、選んであげるべきではないでしょうか。

私はお客様からご質問あれば今使っているシャンプーがどんなシャンプーなのかレクチャーしています。時にシャンプーじゃないシャンプーでサロンで洗われて、なかなか被毛が良くならないケースもありました。


〇日ごろのケアと洗い方
私たちにまずできるのはシャンプーの選別です。インターネットを見ると何が良くて何が悪いのか分からないと思いますが、そこは是非お手伝いさせていただきます。洗い方に関しては以前に書かせていただきましたので割愛いたしますが、大切なのは良く洗い流すことです。私の家ではリーファの細かいシャワーがありますので最後にそれで流しています。

すなわち犬の家シャンプーはすすぎが弱すぎるのです。色々な動画を見ますが、いかんせん素人がやるシャンプーですから、あー・・・と思うこともしばしばです。それを真似したりトライされるのはよいのですが、果たして本当のシャンプーはどうなのかを探し続けられたらワンちゃんも喜ぶのではないでしょうか。また、犬はデリケートで鼻が利くため、界面活性剤の突っ張りや、自分のにおいがとれてしまったことへの不安があるのは当然考えられることです。その結果のお風呂上がりの興奮だと私は思っていますし、彼らが不安な顔をするのはうなずけると思います。彼らは本能的にバリア機能が落ちたことを知り、家じゅうに体をこすりつけて自分のにおいをつけたり、汚そうとします。また洗ったばかりなのに土にダイブする子もいます。酸性の土であれば犬は思いっきりやるでしょう。ゾウさんの泥遊びもそれに近しいものが備わっているのです。全てには意味があるのです。   

〇私が使っているシャンプー剤
当店で扱っているシャンプーは「サンカメリアシャンプー」と言いまして、椿油とヤシ油を主体とした天然由来のシャンプーです。アマゾンにも楽天にもどこにもありません。特定業者しか扱えない商品となっております。わたしからお客様に販売しており、サロンで使ってもらったところとても良い評価をいただいております。静電気が起きづらく、ふわさらになるのが特徴です。またにおいもきつくなくどこか懐かしい優しい香りがします。


いかがでしたでしょうか。
シャンプーひとつとっても色々なことが考えられます。私も数年前までは人間用の安いシャンプーで愛犬を洗っておりましたが、洗い方は変わらなくてもいいシャンプーにするだけで愛犬の肌や被毛が良くなることを知りました。色々研究する中で様々な世界があると思わされています。


私はしつけを通して信頼関係や、犬との共生をサポートしております。普通のドッグトレーニングはトレーナーにしか答えが無いため押し付けるようなやり方ですが、当店の教えはその家にしかないしつけを提供しています。そもそも犬の常識を使った犬も人も心で理解しやすい内容になっています。心でつながりたいから犬を飼われる人が多いのですが、犬と人のこころを繋げることができるコーディネーターが少ないのが現状です。
来てもらってよかったと言ってもらえるお客様に恵まれて大変感謝でございます。

是非ご興味のある方はご連絡いただければ幸いです。


中島

【グルーミング】シャンプーの品質と洗い方からくる弊害
【グルーミング】シャンプーの品質と洗い方からくる弊害

2024/01/18

【その他】本能的と理性的な子の違い

こんにちは。
DOGLIFECorinth~13:13~のトレーナーの中島です。

当店は各ご家庭に赴いてそのご家庭に合ったしつけ方をアドバイスしています。1匹1匹の性格傾向と家の環境に合わせてオーダーメイドで作るから飼い主様も納得しやすく、自分たちのペースで進んでいけるサービスを提供しています。しつけは1歳までと言われますがお客様には11歳の子もおり、犬種問わず幅広く受け付けておりますのでご興味のある方はご連絡ください。

新年1発目のブログは
「本能的な子と理性的な子のしつけの違い」
についてです。

・どうしてうちの子は落ち着きがないのか
・同じ犬種でもなぜ全く違うのか
・1匹目はおとなしかったのに2匹目は問題だらけ
・なかなかコマンドを覚えてくれない…

等の方に読んでいただければと思います。

~目次~
〇本能的と理性的とは
〇脳の使い方のしくみ
〇脳を育てるエッセンス
〇コマンドは脳トレ・関係性は育トレ



〇本能的と理性的とは
本能や理性は人間も持っている脳の分野です。本能とは無意識・理性は意識が関わっていて、無意識に出てくる行動は本能が関わっています。例えば甘いものを食べて幸せに思ったり、お化け屋敷に入って怖いと思う感情等、意識して出ない行動はほぼ本能と言えることです。理性とはその逆で、意識的にする行動のことです。これ嫌だな…と思っても公衆の面前では平然を装ったりとか、それをしたいと思っても、誰かの迷惑になるからやめようと思うことも理性です。脳の中では本能と理性が交差して動き回っています。本能がアクセルなら理性はブレーキといえるでしょう。

人間の脳は30%が理性で出来ており、犬の脳には7%しか理性がありません。だからそれだけ犬は本能的であり、かつ人間は理性的なのです。犬はおやつを見ただけでよだれを出し、上機嫌な行動をします。おやつはご飯ですから、「食べたい」という本能部分に突き刺さるためその衝動にかられるのです。人間は食べたいと思っても我慢できますが、犬はガマンが出来ません。

しかしそうでしょうか。100匹の犬がいてもみんなおやつに駆け寄ってくるわけではありません。いらないという子もいれば、様子をうかがう子もいます。みんながみんな本能的ではないということです。犬の中でも本能的な子もいれば理性的な子もいるのです。私が飼っている子もおやつを見ると反応はしますが、欲しさ余りの衝動には駆られません。訓練したのもありますが、そもそもの性格が理性的なのです。

この子は飼いやすいわという子は大抵理性的で、おとなしい子が多いです。すなわち問題に挙げられるのは本能的な子ということです。人間の教育でも大変なのは本能的な子かとおもいます。なぜ本能的な子が難しいかというと、理性的な人間が理性で話しても本能的な子は聞いてくれないからです。人間にも犬にもチャネルが無いため会話にならないことがお互いのイライラを高めてしまうのです。

それは犬が悪いでしょうか。いいえ生まれ持ったものは誰も悪くありません。私たちは建設的に生きるべきです。その子が生きやすいような私たちの関わり方を考えてあげればいいのです。すなわち関わり方次第で、その子は輝くと言うことです。


〇脳の使い方の仕組み
では脳の中では何が起きているのでしょうか。
脳科学者ではないため学術的に話すことは出来ませんが、大方の概略だけ話せればと思います。ざっくりと理性とは前頭葉、本能とは大脳皮質・辺縁系が関わっています。アクセルである本能は動き続けているのだが、前頭葉の大きさでその子の速度が変わると思ってくださればいいと思います。前頭葉が育っていなければ「ほしい!」「したい!」「よこせ!」と本能だけが表出されるということです。前頭葉がしっかりとしていれば「ほしい!けど様子を見よう」とブレーキがかかりやすくなるため、いい子と言われるのです。

子どもの方が本能的であり、大人の方が理性的であります。なぜなら前頭葉が育つには時間がかかるからです。人間の脳の前頭葉は10代までと言われていて、それまでに育った前頭葉を大人の生活に応用していくと言ったところです。犬はいつまでなのか分かりませんが、成犬までにすべてが育つことを考えると同じだと思ってよいと思います。また前頭葉は判断する場所なので、群れに出て色々判断するために前頭葉が使われることが想定されます。それまでに学習する時間をふくめおおよそ5~10カ月くらいがゴールデン期間だと思います。そう思うと、しつけは1歳までと言われていることと合致するのではないでしょうか。

まあ私の教え方は何歳でも関係が無いのですがとても興味深いです。

大切なのはこのゴールデン期間に前頭葉を発達させておくと今後良いということです。逆に言えばこの期間を逃すとちょっと苦労するよと言うことです。流暢にかわいいかわいい言っていられないですね。犬は育つのが早いのですから、しっかりと今後を見据えて育てていくことが必要です。野生動物は食うか食われるかの世界で生きているため成長が早くつくられています。犬から見れば人間が遅すぎるよと思うくらいに。



〇脳を育てるエッセンス
本能と理性から前頭葉と大脳と説明してまいりました。脳を育てることは行動を育てることであり、いい子になってもらいたければ脳を育てる必要があるということです。脳を育てると聞いて多くの人に浮かび上がるのが「勉強」ではないでしょうか。日本人は勉強付けにされてきましたから二言目にはすぐ勉強です。お子様にも勉強しなさいと何度も言うことがあったのではないでしょうか。

だから脳を育てると聞いても何かを与え続けなければいけないのかという考えにシフトしてしまうのです。余裕のない日本人はしつけを大変嫌がる一因だと思います。その子を愛したい、いいものをあげてあげたいと思う気持ちはピカイチでも、与えるものは勉強になってしまうのです。

大切なのは勉強ではなく、「睡眠」です。何かをするのではなくて休む環境です。

「えーでもうちの子寝てくれません・・・。」
みなさんのお宅のケージは家族みんなから丸見えですね?自分の部屋がリビングのど真ん中にあって毎日家族から見られたら寝るに寝れるでしょうか。人間の赤ちゃんも小さい時は起きない環境に置かれて育ったはずです。ワンちゃんの側でTVを付けていませんか?

遺伝は仕方ないにしろ、本能的な子が出来るのはほぼほぼ環境やこちらの関わりなのです。犬は15時間くらい寝ますが、寝る時間が少なかったり浅すぎる睡眠の場合、前頭葉がつくられる時間がどんどん減っていきます。大人になったら前頭葉が少なくなってしまっていたとうケースも少なくありません。寝ないものを無理やり寝させるのではなくて、寝る状態を作って良い環境で寝させるのが私のやり方です。

1度目の出張で目からウロコでしたと言ってもらえると来てよかったなととても思います。また、できない子が出来るようになったり、育てるのが楽しいと言ってもらえた時には感慨深くなります。犬との幸せな生活を夢見て飼ったのに、人間のQOLが下がったら意味がないじゃないですか。1歩でも犬と歩み寄れたら幸いです。

私はしつけを通して信頼関係や、犬との共生をサポートしております。また、母犬が子犬に教えた教育を人間世界に当てはめて教えるので、犬も理解しやすい内容になっています。ちょっと高いかもしれませんが、日本でここまでのサービスはほぼないと思いますし、来てもらってよかったと思われるお客様がおおいのも実際です。

是非ご興味のある方はご連絡いただければ幸いです。


中島

【その他】本能的と理性的な子の違い
【その他】本能的と理性的な子の違い

2023/12/13

【その他】トレーナーと一般人の違い

こんにちは。
DOGLIFECorinth~13:13~のドッグトレーナーの中島です。

中央区を拠点に、犬のしつけ方を各ご家庭に出張して教えております。吠え・噛み・いたずら・不安・留守番・分離不安・食糞・コマンド等、そのご家庭の環境で改善するのが当店のポリシーです。問題行動は育て方がいけないのではなく、愛犬と人間の考えのズレや心理的な状態がもたらしていることがほとんどのため、心理学を用いて心や環境の整理をするだけでその日から落ち着く傾向があります。難しい技術やおやつは必要なく、その日からトライできるレッスンをさせていただいております。

今回のテーマは「トレーナーと一般人の違い」のお話です。

・なぜトレーナーは上手なの?
・トレーナーに言うことを聞くのはなんで?
・どうしたら自分もそうなれるの?
・犬は2重人格なの?
等の疑問をもたれている方に読んでいただければと思います。
(一部少し難しいところがあるかもしれません)


〇犬は2重人格なのか
ドッグトレーナーのところに来るのはお悩みを持っている人です。どんな悩みを持っているのかは十人十色で、同じ悩みだとしても犬の性格・人間の性格・住んでいる家・迎えた時期等同じ人などいないわけですから、全員違う悩みなのです。しつけに悩んでトレーナーに連絡をします。すると犬はトレーナーの言うことを聞くのです。

…え???

まるで自分が悩んでいたのが恥ずかしいかのように、犬は従う行動を取り始めるのです。自分が至らなかったということを知るのと同時に、こんな子だったの?と複雑な感情になります。期待とともに家に帰ると行動が戻ってしまう。どういうことなのか。彼らは2重人格なのでしょうか。実はこのカラクリがわからなければ、しつけの大渦に巻き込まれていくのです。私のレッスンを受けた方はご理解されていらっしゃるかと思いますので「わかるわかる」とうなずかれているかもしれません。

先に言っておきますが犬は2重人格でも、あなたを困らせようとしているのでもありません。彼らは犬が持つ常識を人間の世界に当てはめているだけなのです。わかりやすいところで人間も人によって人格を変えるようなものです。厳しい相手には構えるし、優しい相手には心を開き、信頼できる相手には従う。犬も人間も相手によって多面な行動をとるということです。同じですね。

その理論で行くと、飼い主様も犬のことを正確に理解してあげられれば、おちょくるような行動も攻撃的な行動も減っていくわけです。噛む・鳴く・吠える・トイレの失敗・興奮・離してくれないなどの問題行動が表出しているということは、まだ理解してあげられていない現状と課題があるということです。

その点トレーナーは犬の気持ちを分かっているから、上手にしつけやコントロールができるというわけです。すなわち犬が悪いのではなく、私たちが理解してあげられてないのが傷というわけです。ただし、私は飼い主が悪いとは思っていません。正しく伝えられない日本のトレーナー・ペットショップの店員・トリマーすべての犬業者が悪いです。彼らが飼い主に正しい情報を与えず食い物にしているから飼い主様が成長しない、ひいては犬の幸せにならないのです。
(自分の犬をしつけられないのに飼い主に厳しいことを言うトレーナーもいます)



〇トレーナーと一般人はこれが違う
いっぱいありますが決定的な点とすれば「境界線の作り方」です。

ん?境界線?何それ?

境界線という言葉は欧米人にはなじみ深いのですが日本人には向かない言葉です。なぜなら日本の文化のほとんどがグレーゾーンでできているからです。犬の世界は境界線がハッキリとした世界なので、日本人と犬は初めから分かり合えない種別だったりします。だからトレーナーはみんなYESとNOがハッキリしてますでしょ?それが境界線なのです。

グレーゾーンな態度しか示せないのであれば、犬はどうしていいのか不安になるのです。

たとえば、赤信号は渡ってはいけません。
では赤と黄色と青が混ざった色が示されたら私たちはどうすればいいでしょうか。ある人は渡りますが、ある人は渡りません。ある人はきょろきょろと不安になるかもしれませんよね。子供やご老人は安心して前も進めません。

トレーナーは「赤なら赤、青なら青」と境界線をしっかり示すことができるから犬も信頼して信号を渡ることができるのです。だからトレーナーの前では言うことを聞く愛犬がいるわけです。何も飼い主を馬鹿にしているわけではありません。「境界線が明確だから従える」ただそれだけなのです。

反して一般飼い主様はどのように犬を扱っているのでしょうか。
・我慢が出来なくてもご飯がもらえたり、
・散歩中話しかけてもらえないのに犬に吠えた時だけ怒られたり、
・信号は待とうねと言われる時もあれば言われないときもあれば、
・家具を噛んでいいときと悪いときもある。

犬からしたら、いや「この前はいいって言ったじゃん」「え?今回はダメなの?」と混乱していきます。対してトレーナーはうまく行動を引き出し、褒める・おやつをうまく使って境界線を張るから一般飼い主には引き出せない領域まで愛犬をコントロールできるというわけです。その結果犬はトレーナーに対しての信頼をつくるのです。そして日常的に線引きをすることで賢い子に成るわけです(理論的ですがね)

とはいえ、私は境界線も信頼関係も言語化して飼い主様にお伝えしておりますが、ほとんどのトレーナーはこれを理解してやってはいません。彼らは肌感覚でやっています。だから、「信頼関係が大切!と言われてもはっきりした説明がない」のはそのためです。



〇一般人でも愛犬と信頼関係を築きたい
私のレッスンを受けてくださった人は、今関係性を頑張って築いています!と言ってくださっているでしょうし、その練習も境界線の練習の一環です。すべての物事で境界線を張ってあげられればトレーナーを目指せます。境界線論はトレーナーでも難しい理論なのでここまでとします。

ここからはこれから私のレッスンを受けたい人へのアナウンスになるかとおもいます。境界線論云々は別にして、これから「愛犬と正しい関係性を築きたい!」と思ってくだされば飼い主様としてもう100点です。さらに愛犬とお話できるご家庭はもっといいですね!!!

私は飼い主様と愛犬を繋げるコンサルタントがお力になれればと思います。その第一歩として現在の関係のもつれを解く段階があります。カウンセリングをして現状を知ることが大切です。愛犬の日々の些細な行動やシグナルから「こう思っている」とお伝えさせていただきます。それに対応したしつけ方をするから犬も「わかってくれた!」「もう吠えない!」を引き出すのです。

私は心理的なアプローチを得意としていますので、難しい技術や難しい考え方は一切省いたご家庭で出できる方法を伝えて結果を出しています。すなわち、一般飼い主でも愛犬と信頼関係を正しく築いて問題を減らしていきます。私のところに来る飼い主様は「愛犬は天才」ということを知って終わるのです。しかも初日に。

どうすれば築けるのかはここでは言えませんが、ぜひともご連絡いただければと思います。問題を解決するためには私たちが愛犬を理解することから始まります。愛犬から信頼される相手として見られるようになると、彼らは素直に従い、安心し、あなたから褒められた時の喜びが溢れるのです。初日レッスンで愛犬の心が軽くなり「マテ・スワレ・おいで・離して」を理解する子はいっぱい見てきました。信頼関係ってすごいんですよ~~~~!!!



〇正しい関係性が愛犬を救う
日本人はグレーゾーンが多いと言いました。信号機が何色なのかわからなければ不安と言いました。同時に犬は群れ社会のため相手と自分がどのような関係性なのか不明瞭であるのはものすごくストレスである。以上のことを踏まえると、あなたとの関係性が明確ではない場合、犬は過ごすだけでストレスなのです。だから噛むのです。吠えるのです。些細な音も敏感になるのです。

犬を飼ったら犬を人間世界に落とし込むのではなく
犬の常識を家庭に取り入れて安心してもらう

これが私のやり方です。コマンドができないから噛むのではない。吠えも・興奮も・トイレの失敗も不明瞭な不安があるからあなたに主張するしかない行動なのです。今何かがずれているから安心できないのです。ならばズレを戻してあげられれば犬は安心します。そのズレはご家庭でしか直せないから私が出張に意義があるのです。

トレーナーがいないとできないのはもう古いです
飼い主ではないとできないことを教えるのがトレーナーなのではないでしょうか
それで初めて犬に安寧がくるのですから。



〇しつけの関係性は日常生活から

夜しか散歩できません。という方をよくお会いします。
すごく分かります。お仕事も大変なのに朝起きて散歩するってすごく大変ですよね・・・。疲れてくれるならいいとしても家に帰ってきて第2ラウンドをしようと言われると「無理」でしょう。

でも朝散歩がいかに問題行動と直結していることの意識と、犬にとって疲れる散歩を練習するだけで「それなら朝やりたい!」「これならできる!」と人間の意識が変わるのです。実際に朝散歩を正しく導入してから興奮が収まってきたという報告をよく受けております。

ご飯のあげ方、遊び方、ケージの入り方、噛んでいいものと悪いもの
すべて日常生活の中で教えることなのです。その子の心をコマンドで抑圧し続けるのではなく、失敗しない環境づくりが先であり、一緒にいられる限られた時間をより効果的にしてあげることで犬も満足するわけです。犬を止めるのではなく、人が進むから結果があり建設的な教え方なのです。




今回は「トレーナーと一般人の違い」をご説明させていただきました。境界線論も説明させていただきました。私は普通のトレーナーとは違うドッグトレーナーです。今までのおやつを使ったしつけ方とは違う、愛犬の認知を理解し根本から変えるしつけをしています。私は1件1件を研究してまいりました。そのたびに私の頭の中はフル回転しますがその有効性はあると言えます。今までの研究結果を踏まえて「飼い主様ができるようにかみ砕いたもの」をご提供しております。

「本当に難しいこと一つもありませんでしたね!」

と言われると私は嬉しいです。



どんなご家庭でも犬のしつけや子育てのお困りごとはいつでもご連絡お待ちしております。
今後ともよろしくお願いいたします



DOGLIFECorinth~13:13~
中島 たかし

【その他】トレーナーと一般人の違い
【その他】トレーナーと一般人の違い

2023/11/29

【その他】犬の健康 ~衛生~

こんにちは。
DOGLIFECorinth~13:13~のドッグトレーナーの中島です。

中央区を拠点に、犬のしつけ方を各ご家庭に出張して教えております。吠え・噛み・いたずら・不安・留守番・分離不安・食糞・コマンド等、そのご家庭の環境で改善するのが当店のポリシーです。問題行動は育て方が悪いのではありません。愛犬と人間の考え方のズレや心理的な状態がもたらしていることがほとんどのため、心理学・環境学・生理学・栄養学、様々な学問を用いて心の整理をするだけで落ち着く傾向があります。コマンドのしつけ方は犬の気持ちを疎外させてしまうため難しい技術やおやつでコントロールするのではなく、その日からトライできるレッスンをご提供しております。

今回は犬の管理栄養士の目線で
「犬の健康~衛生~」というテーマで話させていただきます。

・犬を綺麗にする必要はあるのか
・どんなタイミングでトリミングに行けばいいの?
・毛玉がおおいけど大丈夫か?
・飼い主が爪切りをする必要はあるの?

等知りたい方に読んでいただければ幸いです。



◎犬を綺麗にする意味
以前は犬は外飼いでしたので、綺麗にしない犬が多かったりします。今は時が変わって犬は室内で飼うものであり、家族のように接するのが令和かと思います。家族が体を綺麗にするのは当然であり、菌との共生の問題もありますのでなるべく綺麗にしてあげることが大切になってくるかと思います。シャンプーは基本的に2週間に1回が良いと言われております。パピーの時にうんちやおしっこで汚れてしまう場合、次亜塩素酸水等で体を拭いてあげるくらいが良いかと思います。パピーにシャンプーはドライイングを含め刺激が強すぎるため、あまりお勧めはしていません。なるべく綺麗にしてあげることで私たちも気持ちよく触れ合えるのではないでしょうか。


◎犬種による差
汚れやすい犬と汚れにくい犬が実はあります。シングルコートは汚れやすく、ダブルコートは汚れにくいです。シングルコートとは1つの毛穴に毛が一本の犬であり、トイプードルのようなカットが必要な子です(人間もシングルコートです)。毛が抜けないため、汚れが強くなったら洗わないとずっと汚いままです。ダブルコートとは、1つの毛穴に複数の毛が詰まっている子であり、柴犬がそれにあたります。どんどん抜けていくサイクルがあるため汚れにくいです。野生ではお風呂に入れないのでそうやって体の衛生を考えているのですね。

また、耳が垂れているか立っているかでも変わってきます。垂れた耳は中の空気が換気されないためジメッとしています。すると菌が増える環境が作られるため耳の病気になりやすいです。常在菌が増えることによって外耳炎などになるのです。立ち耳は空気の換気がよいので病気になりにくいです。垂れ耳の子は定期的に病院やサロンで耳掃除をしてもらうといいでしょう。(自分でやるのは技術が無ければリスキーです)


◎爪切り 足バリ
爪切りは出来るようになりたい。と言う飼い主様は多いです。爪切りで毎回お金を取られるなら自分で出来るようになった方が経済的ですよね。もちろん爪切りは出来るようになった方がいいです。というのも、ケアをするのも関係性の構築に役立つからです。ただ、怖いと思う人はやらない方がいいですね。オススメなのはZENクリッパーという商品です。少ししか切れませんが、血がでないところまで切ってくれる代物です。

足裏の毛を切ることを足バリ(足裏バリカン)と言います。
足バリをしないと肉球を邪魔をして床を噛むことが出来ず、フローリングで滑ってしまったりします。そうすると膝に負担がかかる為、シニア期になって影響が出てくるかもしれません。パテラを持っている子は特に気にしてほしいところです。


◎どうして毛玉が出来るのか
1つは毛にハリがないためです。
ただドッグフードを食べていても実は健康にはなれません。というのも大抵のドッグフードは吸収力が悪いためです。一番吸収力がいいのは手作りであり、フードと手作りを続けた子はシニア期に歴然の差が出ます。緑黄色野菜等からとれるビタミンB・Cや良質なたんぱく質を摂ることで肌が健康になり、毛にハリが出るのです。すると毛玉は出来辛くなります。

また、毛に元気がないとキューティクルが剥がれてしまうことで絡みあったり、毛が細くなっていくことでも絡みやすくなるのです。毛玉になる前に皮膚や毛の元気を考えてあげる必要があります。もしもすぐに良くしたいということであれば、リンスや泥パックが良いかと思います。(リンスや泥パックは身体の表面を酸性にするためキューティクルが守られます)シャンプー剤で洗って乾かすだけでは毛玉の温床になりますので家シャンプーなどは気を付けてください。


◎フケが多いのはどうしてか
フケは基本的にアレルギーを疑います。
フケは一言で言うと「肌のターンオーバーの乱れ」です。肌のターンオーバーとは肌の新陳代謝のことです。実は肌は何層にも分かれていて、下から新しい肌が出てくるように出来ており、古い角質層はポロポロ出ていくようになっています。そのターンオーバーがはやいと新しくかつ弱い皮膚が表面に出てきて赤くなったり、遅いとフケとして角質がたまってしまうのです。
普通に過ごしていればフケは出ませんが、フケが出ると言うことは体内で何かバランスがおかしいと言うサインです。特に柴犬がフケが出やすい傾向があります。何が悪いかはアレルギー検査をする必要があるのですが、肌のターンオーバーはビタミンB群が関わっています。一番良い食べ物としてレバーがあります。トッピングであげてみても良いかもしれませんね(あげすぎ注意)


◎体やお部屋のおしっこ臭さをとるには
私のおすすめはビッグバイオのFABミストです。有機酸オリゴマーというトウモロコシを発酵して作られた、飲んでも大丈夫な安全な消臭スプレーです。アンモニア(NH3)は臭いのですが、水素イオンを加えてアンモニウム(NH4)にすると臭いは低下します。また、有機酸オリゴマーはカビの発生を継続的に抑える研究結果が出ています。次亜塩素酸水も好きなのですが、継続性と考えると有機酸オリゴマーに軍配が上がるかもしれません。ただ、除菌力で考えると次亜塩素酸水かなといったところです。有機酸オリゴマーは色々な形をしているとのことで色々な臭いに力が発揮されるとのことです。(実際におしっこにかけると一瞬で消えました)

消臭スプレーは色々なものがありますが、必ず成分表を見てください。時にただの水だったり、アロマ成分しか入ってない場合があります。においをとるには必ずアルカリ成分が入った物かちゃんと研究結果が出ているものを使うことをお勧めします。(お客様のところに行くと全然意味ないものを使っていらっしゃることが多かったり・・・)




いかがでしたでしょうか。
栄養管理も愛犬と共生するためにとても大切なことなのです。また、食事改善はトレーナではできません。飼い主様だからこそできる愛情なのです。言葉だけでは全然伝わらないと思いますがもしも愛犬ともっと親密になるために求めておられましたらご連絡ください。当店は、犬とのしつけをそのご家庭で伝えています。100人いれば100の家族がありますのでその家に合った方法を教えています。

中央区をはじめ23区内外出張しておりますのでお気軽にご連絡ください。
ありがとうございました。



DOGLIFECorinth~13:13~
中島

【その他】犬の健康 ~衛生~
【その他】犬の健康 ~衛生~

2023/11/16

料金改定のお知らせ【2024年1月3日~】

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

ドッグトレーニングの質に革命をするためにも、なるべく安くそして質を良いものを提供したい所存でここまで参りました。

現在までベース料金として1時間7000円をいただいておりましたが、多くの研究・手ごたえ・経験を手にこの度料金の改定をさせていただく運びとなりましたのでご報告させていただきます。

といいますのも、私の教え方は「1~3回で完結(安心)していただいてしまう」という良くも悪くも良い社会貢献のため1回の料金を上げる必要が出てまいりました。また、知識と経験が増えてきたことにより1時間7000円の質を上回ってきてしまったため、この度の料金の改定を決断させていただいた次第でございます。

料金を上げるのはどうなんだろうと何度も悩みました。

今もこの値段でいいのだろうかと何度も反芻しております。しかし、過去に1時間7000円でドキドキしていた時の私に払ってくださった方々の事を想うと、より精度が上がった私が同じ料金では過去に受けた人が可愛そうになってしまうじゃないかと思い、自信をもって上げさせていただきました。

チャイルドカウンセラーも取得し、さらに精度を上げたサービスが出来るようになってきてたため、どうぞご理解いただけますと幸いです。

また他のトレーニングでは大したことしてくれないのに3万でした。
等の話も聞きます。
私もふてぶてしくなれればいいのにと何度も思いますが、小さな時から商売人の家で育った私にはそんなことできません。誠心誠意・信頼関係お客様と渡り歩きたいと思っています。

その中でお客様から「安すぎる」と言われることも増えたこともあり、その声も糧に今後も頑張っていく所存でございます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【2024年料金内容】
〇出張しつけサービス

登録料:4000円

出張費:↓の共通に表示
遠方の方:出張費+交通費+時間拘束費(300円/10分)

基本料金
~30kg 12000円/H
~50kg 15000円/H
~70kg 20000円/H
(心の大きさは変わらない為料金は一律)



〇出張ペットシッターサービス(2㎞圏内に限る

出張費:↓の共通に表示

~10kg 8000円/H
~20kg 9000円/H
~30kg 12000円/H
~50kg 15000円/H
~70kg 20000円/H



〇共通
出張費:2000円 (2時間以上利用で無料)
季節料金:1000円/訪問

当日緊急依頼:+5000円/訪問
時間外出張:+5000円/訪問
多頭飼い:+基本料金の30%/1匹ごと


詳しくは料金表


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


料金の話は別として、兎にも角にも「今の日本のしつけ・トレーニングはお客様への質が悪すぎであり、無知な人からの搾取、騙しがはびこっている現状」が私の動力源なのは間違いありません。

やったけど意味なかったとか、お金だけ取られたとか、大きな音で脅されたとか、人の愛犬とお金に敬意は持てないのかと腹立たしくなることが多々あるほどです。

私は心理士として、飼い主様と犬の顔を見ただけで置かれた状況や不安感を感じ取ります。だから少しでもその家族を助けたいし、騙された人たちを見ると私も同時に傷つくのです。今やワンちゃんは家族です。1匹の問題は全員の問題なのです。

散歩代行サービス一つとってもその子が疲れ果てる品質が当社のクオリティです。

どうかその家に良い空気が流れますように願いつつ日々精進してまいります。


今後ともDOGLIFECorinth~13:13~をよろしくお願いいたします。



中島 

料金改定のお知らせ【2024年1月3日~】
料金改定のお知らせ【2024年1月3日~】